リンク プライバシーポリシーサイトマップ
ロシア童話「男とクマ」 すぐに作れるペーパークラフトマトリョーシカ

ブリヌィ

ロシアにはマースレニッツァという春を呼ぶ伝統的なお祭りがあります。そのお祭りのときに決まって食べるのがブリヌィです。もちろん、ロシア人は普段から好んで食べています。作り方も簡単なので食べたいときに、すぐ作れる手軽さが親しまれている理由の一つではないでしょうか?ここでは、レシピとともにブリヌィについて紹介します。

ブリヌィって、どんな料理?

ブリヌィブリヌィは一言で言うとロシア風のクレープで、ロシアを代表する家庭料理の一つです。基本的にブリヌィというのは複数形なので、一つしかない場合はブリンといいます。ブリヌィを作るときはイーストを使うため、日本のクレープに比べると少し厚めでふんわりした食感があります。焼きたてのブリヌィは良い香りと風味が食欲をそそります。

本場のブリヌィには生地にヨーグルトやスメタナを入れることも多いので口の中に、ほのかな酸味が広がります。作り方も簡単なように思えますが、きれいにブリヌィを焼くには長い伝統と経験、コツがあると言われています。

作り方については、あとで説明するのでお楽しみに!イクラやキャビア、サーモン、ハム、チーズ、刻んだゆで卵などを包めば食事になりますし、ハチミツやジャム、スメタナなどを包むとティータイムにぴったりのおやつにもなります。パーティーなどでも大活躍する一品です♪

▲ Page Top

[スポンサードリンク]

ブリヌィとマースレニッツァ

ブリヌィ冬のあいだ、長く厳しい寒さが続くロシアの人々は春の到来を心待ちにしています。ロシアでは毎年2月から3月にかけて春を迎えるお祭り、マースレニッツァが行われます。このときに欠かせない大事な料理がブリヌィなのです。このマースレニッツァに別名をバター祭りとも言い、その名のとおり、バターを使ったブリヌィが食卓の主役になります。

古くから、ブリヌィはその丸い形から太陽のシンボルと考えられていて、天へ旅立った者への追善食という意味合いを持っていました。ですが、今ではカーニバル的な要素のほうが強くなっていますね。冬を象徴する女性のワラ人形「モレーナ」を燃やし、みんなでお皿に積み上げられたブリヌィを食べながら、歌や踊りを楽しみます。

また、マースレニッツァが終わると今度は復活祭が始まります。復活祭の期間は肉や魚、乳製品、卵を食べることが禁止されます。なので、マースレニッツァに沢山のブリヌィを食べるのは、復活祭までに乳製品や卵を使い切るという現実的な理由もあるんですよ。

▲ Page Top

ブリヌィのレシピ

それでは、ブリヌィのレシピを紹介しましょう。具によって、いろんな味を楽しむことができますよ♪今回のレシピには載せていませんが、生地にヨーグルトを混ぜると本場の味に近づきます。ぜひ、ロシア伝統の味を試してくださいね!

材料(25枚分)

生地

  • 小麦粉:500g
  • 卵:2個
  • 牛乳:1000cc
  • 砂糖:10g
  • 塩:小さじ1
  • サラダ油:25cc

  • ジャム・チーズ・サワークリームなど(具はお好みで何でもOK):各適量

▲ Page Top

作り方

  1. ボウルに卵を溶いて塩、砂糖、半量の牛乳を加えて混ぜ合わせましょう。
  2. そこに小麦粉を入れて混ぜ合わせて、なじんだところで残りの牛乳を少しづつ入れながら全体にのばしていき、サラダ油を加えましょう。
  3. サラダ油(分量外)を熱したフライパンに生地を薄くのばして焼きます。ふちが乾いてきたら裏返しましょう。そして、もう1~2分焼きます。
  4. 焼き上がったら、表面に薄くバターを塗って、厚手の鍋などに入れて布巾をかけ、冷めないようにしておくといいですよ。
  5. あとは、お皿に盛り付け、お好みの具を包んだり、クリームなどをかければ出来上がりです。

※ロシアではブリヌィに限らず、どんな料理でも小さめのお皿にどっさり盛り付けるのが一般的です。こうすると、シンプルな料理も豪華に見えますよね。

▲ Page Top

ブリヌィ応用料理・レシピ

ブリヌィをちょっとアレンジするだけで、違った料理に大変身!いろんな味を楽しめますし、料理のレパートリーも広がりますよ。

ポンチキの作り方

ポンチキとは油で揚げたドーナツのようなものです。生地の中にジャムなどが入っているものもありますが、プレーンのものに粉砂糖をかけてもおいしいですよ!作り方は、ブリヌィの生地の牛乳を500ccに変えます。そして、フライパンにのばさずに、小さなかたまりのままキツネ色になるまで油で揚げるだけです。ふわふわのドーナツができますよ。

▲ Page Top

ブリンチキの作り方

ブリンチキという言葉はブリヌィの指小形なので、ブリヌィと別物ではありません。実際には小さめのブリヌィを指すことが多いですね。これも作り方はいたって簡単!豚肉やキノコ、玉ねぎなどを一緒に炒めたものをブリヌィで包んでバターで焼きます。ハーブなどを添えて出来上がりです。

▲ Page Top

[スポンサードリンク]